PASONA人材派遣

RULES

労働者派遣法のルール

PASONA

CHAPTER
11

派遣先の「労働基準法」・「労働安全衛生法」等の責任とは?

労働者派遣では、派遣先が派遣労働者に対して具体的な指揮命令を行い、派遣就業環境の管理を行いますので、派遣法では、労働基準法、労働安全衛生法、じん肺法、作業環境測定法、男女雇用機会均等法、及び育児介護休業法の一部事項については、派遣先が使用者とみなされ、責任を負うことが定められています。

例) 労働基準法 / 派遣元・派遣先の責任分担

労働基準法の特例等(法第44条)

派遣元が責任を負う主な事項
  • 労働契約
  • 賃金
  • 1ヶ月単位の変形労働時間制、フレックスタイム制、1年単位変形労働時間制の協定の締結・届出
  • 時間外・休日労働の協定の締結・届出
  • 事業場外労働に関する協定の締結・届出
  • 専門業務型裁量労働制に関する協定の締結・届出
  • 時間外・休日、深夜の割増賃金
  • 年次有給休暇
  • 産前産後の休業
  • 災害補償
  • 就業規則
  • 賃金台帳
  • 労働者名簿
  • その他
派遣先が責任を負う主な事項
  • 労働時間、休憩、休日
  • 公民権行使の保障
  • 労働時間及び休日(年少者)
  • 深夜業(年少者)
  • 危険有害業務の就業制限(年少者及び妊産婦等)
  • 産前産後の時間外、休日、深夜業
  • 育児時間
  • 生理日の就業が著しく困難な女性に対する措置
  • その他

navigate_before 労働者派遣法のルール一覧へ戻る

PASONA
PASONA
人材派遣のご依頼はこちら

派遣のご依頼 navigate_next

派遣活用のご相談はこちら

お問い合わせ navigate_next