最新の労働者派遣法30のルール

Q25. いわゆる「クーリング期間」とは?

2015年9月30日に施行された改正労働者派遣法の新たな2つの派遣期間制度(個人単位、事業所単位)においても、期間制限の通算期間がリセットされる空白期間(いわゆる「クーリング期間」)が定められています。いわゆる「クーリング期間」は、「3ヶ月超」(3ヶ月と1日以上)です。

いわゆる「クーリング期間」

新たな派遣期間制度においても期間制限の通算期間がリセットされる空白期間(いわゆる「クーリング期間」)が定められています。

Point

個人単位、事業所単位の期間制限ともに、クーリング期間は「3ケ月超」(3ケ月と1日以上)です。

例1 個人単位の期間制限の場合
  • 3ケ月超のクーリング期間がある場合は、同一の組織単位で同一の派遣労働者を新たに3年間受け入れることが可能。

Check

派遣元が同一の組織単位に継続して3年間同一の派遣労働者を派遣した場合、当該派遣労働者が希望していないにもかかわらず、クーリング期間後に再度同一の組織単位に派遣をすることは、派遣労働者のキャリアアップの観点から望ましくないとされています。(派遣元指針)

例2 事業所単位の期間制限の場合
  • 3ケ月超のクーリング期間がある場合は、同一の事業所で新たに3年間、労働者派遣を受け入れることが可能。

Check

派遣先が同一事業所において3年超継続して労働者派遣を受け入れようとする場合、派遣受入可能期間の延長に係る手続を回避することを目的としてクーリング期間後に労働者派遣を受け入れることは、派遣法の趣旨に反するとされています。(派遣先指針) 

「労働者派遣法」に基づく人材派遣サービスご利用のための手引き

最新の労働者派遣法30のルール INDEX

サービスのご依頼・お問合せはこちら

ご依頼・お問合せ

人事・組織の改善や様々な業務効率化にお役立てください

(無料)ダウンロード資料一覧

企業様向け各種サービス

企業様からのご利用やお問合せの多い各種サービスをご紹介いたします。

Pure Passion Power パソナは東京2020オリンピック・パラリンピックを応援しています。