PASONABPOサービス

SERVICE

人事・労務

人事・労務

人事・労務BPOのメリット・特長

給与計算や勤怠管理など、人事・労務業務に関するBPOサービスです。
人事・労務業務は多岐に渡るため、属人化・煩雑化しやすい傾向にあります。しかし、BPO・アウトソーシングを活用することで「業務の見える化」が進み、社内サービスとしての利便性向上やコスト削減につながります。また、人事・労務担当社員をコア業務に集中させるなど、戦略的な人員配置も可能となります。

当社の「人事・労務BPOサービス」が選ばれる理由は、HRソリューション領域で長年実践してきた当社グループのバックオフィスでの運用と、数多くのBPO・アウトソーシングを受託してきた人事労務BPOスペシャリストのノウハウにあります。また、HRテックを組み合わせた新しい業務設計・運用も可能です。給与計算のシステム化、給与明細・雇用契約書等のペーパーレス化等にも対応しております。お客様と共に、人事・労務業務の最適化と安定運営を実現します。

主な対応業務

〈給与計算〉

  • 給与計算業務
  • 振込データ作成
  • 年末調整
  • マイナンバー管理
  • 住民税改定、社会保険連携
  • 通勤交通費

〈労務業務〉

  • 勤怠管理
  • 異動・赴任関連、出向契約管理
  • 退職金支給管理
  • 出張精算・各種支払業務
  • 福利厚生管理、健康診断管理
  • 従業員様直接対応

人事・労務のBPO提案例

CASE 01 〈労務〉「ProActiveE2人事・給与」を活用した給与計算アウトソーシング

CASE 01

〈労務〉 「ProActiveE2人事・給与」を活用した給与計算アウトソーシング

対象業務
給与計算
規模(FTE・予算など)
1FTE
導入前の課題
  • 業務の属人化で、各社員の業務範囲や業務プロセスの見える化が困難
  • 業務の複雑化が進み、作業を誤るリスクが存在
  • 働き方改革が進む中、社員を本業(コア業務)へ集中させたい
導入施策
  • 「ProActiveE2人事・給与」を活用した給与計算アウトソーシング
導入後の効果
業務を「見える化」することで属人化リスクを排除し、ミスを防いで業務品質が向上。業務にあたる人数を20%削減、残業時間も20%削減に成功。業務工数の削減により、社員をコア業務にシフトすることに成功。結果、従業員向け福利厚生サービス案内など別業務を強化できた。

担当コンサルタントのコメント

提案内容に加え、課題解決への積極的な姿勢やスピード感、丁寧な対応、そして適切な価格でパソナを選んでいただけました。導入後もトラブルは一切なく、対応も丁寧かつスピーディ、理解力・対応力の高さから、社員からの評価が高まったと聞いています。引き続き、発令やデータ管理等のBPO化を進め、更なる工数削減に繋げていきたいです。

CASE 02 〈労務〉「ProActive for SaaS 人事・給与」を活用した給与計算アウトソーシング

CASE 02

〈労務〉 「ProActive for SaaS 人事・給与」を活用した給与計算アウトソーシング

対象業務
給与計算
各種申請
通勤旅費、弔意、住所移動、結婚届、年末調整申告書、振込口座変更 など
規模(FTE・予算など)
1.5~3FTE
導入前の課題
  • 事業拡大に伴う人事部門の業務量増加
  • 業務の属人化やシステムの高運用負荷
導入施策
  • 「ProActive for SaaS 人事・給与」を活用した給与計算アウトソーシング
導入後の効果
業務量は半減、業務コストは14.7%削減。オペレーションの簡素化で人為的ミスが減少。コア業務の社員シフトにより、制度開発や人材教育などを強化。

担当コンサルタントのコメント

通勤旅費申請などの各種申請が電子化され、社員が直接入力するため、事務処理軽減や転記ミス防止に役立ちました。慶弔申請など各種フォーマットが簡単に作れる点や、必要な申請書類を本人が確認できるため人事部への問い合わせが減り、負荷軽減にも貢献。非定形業務も対応するなど、パソナの受託範囲の幅広さに喜んでもらえています。

CASE 03 〈労務〉3社に分かれていた業務を1社に集約、一元管理

CASE 03

〈労務〉 3社に分かれていた業務を1社に集約、一元管理

対象業務
勤怠管理
給与・社会保険
退職金
人事データベースの管理
規模(FTE・予算など)
1.5FTE
導入前の課題
  • 「勤怠管理」「給与・社会保険」「退職金」の業務ごとで別々のアウトソーサーに依頼していたことによるデータ確認などの人的負荷
  • Excelでの管理による低効率
導入施策
  • 「ProActive for SaaS 人事・給与」を活用した給与計算アウトソーシング
導入後の効果
同等以下のコストでアウトソース先を1社に集約。Excelで管理していた人事情報をデータベースで一元管理。コア業務の社員シフトが実現。

担当コンサルタントのコメント

アウトソーサー3社に分かれていた業務を1社でカバーでき、以前と同等以下にコストを抑えられたこと、書類送付やその回収書類からのデータ登録といった定型業務にも対応できる柔軟性を評価いただけました。また、一部の勤怠管理を紙で行っていたため、集計や転記の手間がありましたが、低コストなICカードによる自動入力を導入するなどの提案も喜ばれています。

人事・労務に関するよくある質問

Q

人事・労務BPOサービスを導入することで、どの程度の業務削減が可能ですか?

A

お客様の状況によって異なりますが、これまでの実績から、給与計算業務のみなら2割程度の削減が見込めます。また、その他の労務管理業務も合わせてアウトソーシング化することで、5割~8割程度の削減に至ったケースもございます。詳しくはお問い合わせください。

Q

BPO・アウトソーシング検討企業は、どのような状況や課題を抱えているケースがありますか?

A

ご利用中システム(給与計算システムなど)の更新時期にご相談いただくケースが多くあります。
また、既にアウトソーシングを導入されている企業では、現委託先に対して品質面での不満(ミスが多いなど)から、切り替えを検討されるケースがみられます。

Q

導入までに、どの程度の期間が必要ですか?

A

一般的に、ご発注いただいてから約6か月での導入が可能です。「人事クラウドBPOサービス」は、約2か月で導入できます。お急ぎの方もぜひ一度ご相談ください。

サービスの流れ

STEP1

業務調査・分析

関係者へのヒアリングにより、現状の実態を
調査把握し、業務プロセス、発生頻度、難易度、
再現性などを分析します。

STEP2

業務設計

新業務フロー策定、マニュアル・ツール類の作成、
ファシリティ調整などBPO施策の設計を行ないます。

STEP3

運用・改善

業務引継ぎ後、パイロット運営を経て新体制に
入ります。運営開始後も検証、改善を継続的に
行ない、定期レポートや定例報告会を実施します。

資料ダウンロードはこちら

ダウンロード navigate_next

Webからのお問い合わせはこちら

お問い合わせ navigate_next