CompTIAインタビュー記事

グローバルな認定資格団体CompTIA日本支局からみたサイバーセキュリティ人材として働く魅力

吉村 睦美 氏

CompTIA日本支局 マーケティング シニアマネージャ

セキュリティスキルを習得することで、将来的にたくさんの活躍の選択肢が広がる!

「情報セキュリティ人材の不足」、「セキュリティ人材のスキル不足」

「情報セキュリティ人材の不足」というニュースを目にされたことがあるでしょうか。経済産業省によると、2016年の時点で、情報セキュリティ人材は28.1万人で、13.2万人が不足していると報告されています。また、IT市場が成長を続ける場合、2020年には19.3万人が不足(※1)するとされています。
この数字だけを見ると、いわゆる「売り手市場」のようなマーケットに見えますが、一方で問題になっているのが、「セキュリティ人材のスキル不足」です。情報処理推進機構(IPA)の報告では、情報セキュリティに従事している技術者の23万人のうち、14万人はスキル不足で何らかのトレーニングや教育が必要(※2)だと報告しています。 CompTIAが12ヵ国を対象に実施した調査では、日本国内でセキュリティインシデントが発生する理由として「セキュリティ脅威の巧妙化が、ITスタッフの専⾨知識を上回っている」「セキュリティ脅威が多いため阻⽌できる処理能⼒を越えている」と回答(※3)をしている企業が多く見られました。企業のセキュリティを維持、改善したいが「スキルを持つ人材」がいない-これが多くの企業が抱える悩みです。

「スキルを持っている」という証明

企業の抱える「スキルを持つ人材」がいない状況の解決として有効に利用できるのが「認定資格」です。IT業界は、資格よりも経験値や実務が有効とされがちな業界です。資格を持っていなければ仕事ができないというケースは、一部の入札案件などに限られ、一般的にはあまり問われることがありません。しかしながら、どのくらいのスキルを持つ人材かがわからないまま、雇用/採用をするため、多くの企業では人材のミスマッチが発生しています。スキルを「持っている」だけではなく、そのスキルを持っていることを「証明」するために資格を取得し、客観的な評価を得ることで「スキルを持っている」という証明ができるのです。現在、企業では、採用時を含め認定資格の有効性が見直される傾向にあります。CompTIAの調査では、米国企業の採用担当者800名を対象に調査したところ、62%がIT認定資格は特定のITポジションに必要なスキルの基準となると回答(※4)しています。人材を客観的に評価し、適切に配置することで、企業側、そして人材側にも多くのメリットをもたらします。

トレーニングでスキルを習得し、習得したスキルを証明するために資格を取得し、仕事で活躍する

CompTIA Security+は、ワールドワイドで提供されているベンダーニュートラルの認定資格で、30万人以上に取得されています。この認定資格では、セキュリティの大原則となる、セキュアなネットワークの維持とリスク管理アクセスコントロール、情報の管理、暗号化といったセキュリティには欠かすことのできない分野や、さらには、ネットワーク攻撃や脆弱性に対応するための適切な緩和と抑止方法などのスキルが評価されます。セキュリティ業務に従事する2年程度のスキルを想定して認定資格試験が開発されており、セキュリティ人材の中でも最も足りないと言われているエントリーレベルから中堅レベルの人材を育成するための認定資格です。
そして、資格を取得するためにトレーニングは欠かせません。トレーニングでスキルを習得し、習得したスキルを証明するために資格を取得し、仕事で活躍する-CompTIAの掲げる「Learn-Certify-Work(学習-スキルの証明-仕事で活かす)」が企業にとっても人材にとってもよいサイクルとなるでしょう。

セキュリティスキルを習得することで、将来的にたくさんの活躍の選択肢が広がる!

今回、株式会社パソナが提供する「Cyber Security Intelligence Academy -Standardコース-」では、CompTIA Security+のカリキュラムにのっとり、セキュリティ人材として必要となる基本的な要素をすべて学習していただけるコースです。eラーニングでの学習を中心となるため、自身の理解度と進捗に合わせスキルを育成することが可能です。また、セキュリティマネジメント系のトレーニングを合わせて実施することで、幅広いセキュリティ業務を担当することが可能となります。コースを通じて、CompTIA Security+の取得は必須ではありませんが、今後認定資格を取得されていることが、さらなる活躍へとつながります。ぜひ、トライしてください。セキュリティスキルを習得することで、将来的にたくさんの活躍の選択肢が広がることと思います。みなさまのご活躍をお祈りしております。

  • 1 IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果/経済産業省 商務情報政策局 平成28年6月
  • 2 情報セキュリティ人材の育成に関する基礎調査/情報処理推進機構 2014年7月
  • 3 ITセキュリティ動向調査2015/CompTIA米国本部/CompTIA 2015年3月
  • 4 The Value of IT Certifications(IT認定資格の価値)/CompTIA 2015年2月

CompTIA概要

CompTIA(コンプティア)は、シカゴに本部を置きワールドワイドで活動するIT業界団体です。
既に重要インフラの一つとなっているITを支える、IT業界とIT人材を様々な形で支援しています。
具体的には、ITに携わる企業や個人の利益のための「教育」、IT業界の声を反映しIT政策に反映するための「政策支援活動」、IT業界への「社会貢献」、そして認定資格と通しIT人材の育成に貢献するための「認定活動」を行っています。
1993年より認定資格の提供を開始し、以降20年以上に渡り、ITに携わる人材が、仕事をする上で適切なスキルを身に付けられるように、16の業務分野に渡る認定資格を提供しています。(2017年3月現在)
また、CompTIA認定資格は、ベンダーやメーカーに依存せず、共通して必要となるスキルを網羅した認定資格で、「ベンダーニュートラル認定資格」と分類されています。

Profile

吉村 睦美 氏

CompTIA日本支局 マーケティング シニアマネージャ 

[経歴]SI企業の営業、米国コンサルタント企業などを経て2005年よりCompTIA日本支局にて、認定資格の普及啓蒙のためのマーケティングを担当。
認定資格を利用したITに携わる人材の発展のため、様々なプロモーション活動を行う。

サイバーセキュリティ関連情報

関連コンテンツ

企業の顔として顧客と接点をつなぐコミュニケーションのエキスパート。

オペレータの管理・育成を行い、コールセンターを成功へと導く。

業界知識とコミュニケーションスキルを駆使し顧客の声を聞く。

パソナが初めての方へ

パソナってどんな会社?パソナのことをまだよくご存じない方へおすすめのコンテンツです。

パソナを選んだ理由

パソナを選んだ理由

お一人おひとりの働き方に合わせて安心してご就業いただけるようサポートさせていただきます。パソナが選ばれる3つの理由をご紹介します。

お仕事を開始するまでの流れ

お仕事を開始するまでの流れ

パソナへご登録を頂き、お仕事を開始するまでの流れをご紹介しています。

福利厚生

福利厚生

業界トップレベルの充実したメニューを取り揃えています。

パソナがお届けする働く女性のメールマガジン

パソナがお届けする働く女性のメールマガジン

働く女性のための、素敵な日々を楽しむメールマガジンです。今、話題のグルメ・イベント・美容等の情報が満載です。

コミュニティ

趣味や興味を通じてつながる『コミュニティ』

共通の趣味や興味・関心を持つ方と、仕事以外でつながり合える場所『コミュニティ』。MYPAGEよりご覧いただけます。

パソナへのご登録はお済みですか?

パソナは「自分らしく」働きたいあなたを応援しています。

パソナに登録
お仕事開始までの流れはこちら
Pure Passion Power パソナは東京2020オリンピック・パラリンピックを応援しています。