パソナでの色々な働き方

自分に合った働き方をパソナは応援します。

パソナでの働き方の種類についてご紹介します。「一般派遣」「紹介予定派遣」だけでなく「契約社員」や「正社員」でのご就業もサポートしています。

一般派遣

派遣労働者の希望や条件で仕事を選ぶことが可能な派遣形態です。

一般派遣は、正社員のように就業先の企業と直接雇用契約が結ばれるのではなく、派遣スタッフと派遣会社の間で雇用契約が結ばれる雇用形態です。
派遣スタッフと派遣会社との雇用関係は、就業先(派遣先企業)が決まった時点で初めて発生し、派遣契約の結ばれている期間のみ雇用が成立します。
派遣会社は仕事内容・就業条件の案内、給与の支払い、福利厚生、スキルアップ研修等の面で派遣スタッフをサポートします。
派遣先企業は、派遣スタッフに業務の指示を行います。
通常「派遣社員」と呼ばれているのはこの一般派遣です。

一般派遣とは

紹介予定派遣

派遣スタッフと派遣先企業が合意の場合、正社員(または契約社員)なることができる形態です。

派遣期間を終了した後に本人と派遣先企業が合意した場合、正社員(または契約社員)として雇用が決まる働き方です。
派遣スタッフは最大6ヶ月派遣社員として就業することになります。
就職期間の間に事前に互いをも見極めることができ「自分にあった会社で働きたい」派遣スタッフと、「良いスタッフを採用したい」派遣先企業双方にメリットがりあります。
近年では正社員として就職出来る可能性が大きいことが魅力となっており、人材派遣会社に登録する際の雇用形態を「紹介予定派遣」のみで希望される方も多くなっているようです。

契約社員(プロジェクトスタッフ)

パソナの契約社員として、民間企業や官公庁・自治体より受託した業務に携わる働き方です。未経験の方もチャレンジし易く、復職の第一歩にしたいという方も歓迎です。

正社員

パソナが運営する人材紹介サービスブランド「パソナキャリア」では専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングであなたの転職をサポートします。