MYPAGEコミュニティ『WeShare Beauty』vol.65

海外との2拠点暮らしの旅行テク

イメージコンサルタントの工藤です。昨年1月に、夫が米国ニューヨーク(以下、NY)に赴任することが決まり、現在私は、東京-NY間の2拠点暮らしをしています。夫に帯同せず、日本に残ることにした経緯は、また別の機会にお伝えするとして、この1年間に東京-NY間を5回往復したので、少しは旅に慣れてきたように思います。大きいスーツケース1つ、中くらいのサイズのスーツケース1つの計2つのスーツケースと、手荷物バッグ1つが最近の旅の定番です。そこで、今回は、海外との2拠点暮らしの旅行テクをお届けします。

『衣』

私たちの生活の基本は、「衣食住」ですよね。まずは、「衣服」についてお伝えします。
学生時代に夫も私もカリフォルニアに留学していた経験があり、アメリカでの生活に多少の知識や知恵はありましたが、今回はNYで働くための服、防寒のための服が必要でした。スーツ、シャツにくわえ、以前の記事でもご紹介した高機能インナー、下着、靴下、靴などは、現地調達もできます。しかし、日本人に合うサイズ、自分の体に合うデザインを見つけることは難しいケースが多いです。また、普段利用するクリーニング店が見つかるまでに時間がかかることも考えて、多めの準備が必要になります。
私の場合、大きいスーツケースの片面には、滞在中に使う自分の服、アウター類、仕切りのある軽いトラベルポーチを活用して、インナー、下着、靴下、タイツ類、靴を入れています。夫の赴任後、初めて私がNYを訪れた際は、住居が決まっておらず、サービスアパートメント暮らしだったので、圧縮袋を活用して、毛布を持参しました。衣類はかさばったり、重さがあるので、スーツケースの中で、いかに場所を取らず、軽くて、バリエーションを楽しめるものを選ぶかがポイントです。
靴は、飛行機の中で着脱しやすいものを履いていき、現地で歩き回る、滞在先でレストランや美術館を訪れる、などシチュエーションに応じて使えるように準備しましょう。

『食』

海外生活で気になるところは、食ではないでしょうか。留学時代に雑食にならざるを得なかった私でさえ、長期滞在となると、日本食が恋しくなります。外食が続くと、1回の食事量も多いので、体重も急増しますしね。
私は、家族の健康のことも考えて、中サイズのスーツケースには、家での食事用の食糧や調味料を詰め込んでいます。ただ、ここでいつも試行錯誤するのが、いかに軽くするかということ。お米を持っていくこともありますが、かなり重くなってしまうので、麺類やフリーズドライ食品、鍋の素のようなポーション調味料を活用しています。使いたい分だけ使えて、軽くて持ち運びに便利ですし、さまざまな料理に使えるので、重宝しています。
至るところに自動販売機やコンビニがある日本とは違い、海外では、飲み物一つ買うのにも、最初は苦労するかもしれません。私も、甘いお茶を購入してしまったことは、数知れずあります。自宅やホテルで緑茶や麦茶を飲みたい方は、ティーバッグや水出しのお茶パックを持っていくことをオススメします。

『住・美』

アメリカでは、冷蔵庫や電子レンジ、エアコンなどの家電は備え付け、ソファやテーブルなどの家具は、購入かレンタルの場合が多いようです。バスルームには、湯船はあるけれど、シャワーと一体型です。
赴任初期の頃は、大きいスーツケースの片面の2分の1には、スキンケア・メイクアップ・洗面用品を入れていました。シャンプー、コンディショナー、ボディソープ類は現地調達もできますが、お気に入りのものがある場合は、できるだけ持参しましょう。硬水・軟水といった水の違いや湿度の違いで、肌や髪の調子は変化しやすく、旅の途中の心持ちにも影響します。
また、日本とは違って、海外では、歯ブラシ、ドライヤーの準備がないホテルも多いので、注意が必要です。以前、NYからカナダのナイアガラの滝を見に行った時には、歯ブラシを忘れてしまい、ホテルのアメニティの準備がなかったため、探しまわることになってしまいました。
化粧水などのスキンケア用品、メイクアップ用品、アクセサリー類は、持ち手のついた軽いコスメポーチに入れています。飛行機の中はもちろん、海外では日本より空気が乾燥している場合もあるので、シートパックを持参して、保湿するのもオススメです。

『学・働・遊』

私のスーツケースの片面、最後の2分の1は、「学・働・遊」のスペースです。仕事用の書類、書籍、撮影用のツール、充電器などを入れています。ここでも重さとの闘いは続き、特に書籍はいつも迷いどころです。2拠点生活の場合、現地で仕事のコンテンツを作成したり、研究することもあるので、どうしても紙で読みたいもの、見たいものを厳選して持参しています。
機内でのWi-Fiサービスは、便利になってきているとはいえ、飛行時間のうちの数時間は繋がらなかったり、添付のあるメールなどの送受信はできなかったりと不安定なので、相手のある仕事はできない、と思っていた方が良いです。
また、夜間の飛行の場合は機内の電気が消え、パソコンの入力音にも気を遣ってしまいます。長時間のフライトの場合は、眠れないことを考えて、事前にスマホに映画やドラマをダウンロードしておくこともオススメです。飛行中にスマホの充電ができる飛行機も増えているので、USBケーブルとイヤホンを手荷物に入れておくことを忘れずに。

空港での過ごし方

NY便で羽田空港を利用する時も、成田空港を利用する時も、私は約2時間前に到着するように向かっています。時間帯や時期によって、混雑の違いはあるものの、両替を済ませて、セキュリティーゾーン、出国ゲートを通過し、免税店を見て、コーヒーを飲む時間も取れます。最近では、出入国に顔認証ゲートが導入され、待ち時間も少なく、さすが日本!と言いたくなるスムーズさです。
免税店では、主に化粧品コーナーをリサーチしながら、新商品を試すことも。NYのJFK空港のインターナショナルターミナルの免税店は、化粧品メーカーの種類が少ないので、自分用に購入するなら、成田空港がオススメです。
また、周りに心配をかけないように、実家の家族への出発連絡も空港からすることが多いです。

必要かつ、お気に入りのものを詰めて

いかがでしたでしょうか?今回は、海外との2拠点暮らしの旅行テクというテーマで、NYからお届けしました。旅先では、「言葉が通じない」「環境が違ってストレスを感じる」など、気持ちの変化もありますよね。スーツケースに必要なもの、お気に入りのものを詰め込んで、一緒に旅することは、旅の間の気持ちを整えることにも効果絶大です。
私の場合、行きのスーツケースの“食スペース”が、帰りは“お土産スペース”に。渡す相手を想像しながらお土産を選ぶ時間も旅の楽しみです!

プロフィール

イメージコンサルタント・工藤亮子さん

パーソナルカラー診断や骨格分析、ショッピングの同行などを行っている工藤さん。これまでに9000人を超える方々と接してきた経験をベースに、経営者、起業家、政治家、芸能人、文化人、男女エグゼクティブのイメージ戦略、自分らしく生きたい女性の魅せ方まで、幅広く支援。また、協会、NPO法人などのブランディング、省庁、行政のHPコーディネート、スタイリスト向けの教材開発なども手がけています。

  • 工藤亮子さんは、パソナグループのグループ会社『プロフェリエ』に所属するプロの方です。

WeShare Beautyでは、皆さまのコメントをお待ちしております!

本ページは、MYPAGEコミュニティ『WS Beauty』の投稿記事です。『WS Beauty』上でコメントができますので、ぜひご感想や質問などをご投稿ください!質問には記事を投稿したプロの方がお答えします。

パソナが初めての方へ

パソナってどんな会社?パソナのことをまだよくご存じない方へおすすめのコンテンツです。

パソナを選んだ理由

パソナを選んだ理由

お一人おひとりの働き方に合わせて安心してご就業いただけるようサポートさせていただきます。パソナが選ばれる3つの理由をご紹介します。

お仕事を開始するまでの流れ

お仕事を開始するまでの流れ

パソナへご登録を頂き、お仕事を開始するまでの流れをご紹介しています。

福利厚生

福利厚生

業界トップレベルの充実したメニューを取り揃えています。

パソナがお届けする働く女性のメールマガジン

パソナがお届けする働く女性のメールマガジン

働く女性のための、素敵な日々を楽しむメールマガジンです。今、話題のグルメ・イベント・美容等の情報が満載です。

コミュニティ

趣味や興味を通じてつながる『コミュニティ』

共通の趣味や興味・関心を持つ方と、仕事以外でつながり合える場所『コミュニティ』。MYPAGEよりご覧いただけます。

Pure Passion Power パソナは東京2020オリンピック・パラリンピックを応援しています。