MYPAGEコミュニティ『WeShare Beauty』vol.46

失敗しないヘアカットのオーダーのコツ

美容室でヘアカットをお願いする際に、自分の希望を上手く伝えることができずに困った経験はありませんか?今回はヘアカットで失敗しないために、伝えるべきポイントを美容師の立場からご紹介しますので、これまで上手く希望を伝えることができなかった方はぜひ参考になさってください!

切るか、揃えるか、伸ばしていくか

ヘアカットの際にまず伝えるべきことは、「髪の長さ」についてです。明確なヘアスタイルのイメージがなくても、毛先をカットしたいのか、それとも今の長さのままで量だけを調整したいのか、はたまた今後伸ばしていきたいのか...といった大まかな髪の長さを伝えるだけでも、美容師はそこから色々なヘアスタイルのパターンを提案することができます。その際に、前髪や顔周りなど「ここだけは長さを残しておいて!」という部分があれば事前に伝えておきましょう。あなたの長さやこだわりを生かしたヘアスタイルをきっと提案をしてくれるはずです。

結ぶか結ばないか

意外と盲点なのが、普段髪を結んだりまとめたりすることがあるかどうかの確認です。仕事上で髪を結ぶ必要がある場合や、お休みの日に髪をアップにしてヘアアレンジを楽しみたい場合は、あらかじめカウンセリングの際に伝えておくことが大切です。特にいま流行のミディアムレングス(肩下から鎖骨下程度の長さの髪型)は、結ぶ位置によっては髪の毛が結びきれないことが起こりやすい長さです。髪を結ぼうとした時にサイドや襟足の長さが足りずにピンでいくつも留めなければならない...なんて不便なことにならないためにも、忘れずに伝えておくことが重要です。

普段のスタイリングについて

美容室で仕上げてもらった時には素敵だったのに、翌日自分でスタイリングをしてみると、思ったようにスタイリングできずに困った経験はありませんか?朝、忙しくてスタイリングにあまり時間をかけられない、ヘアスタイリング剤を使いたくない、ドライヤーがうまくかけられないなど、スタイリング方法やお手入れに悩みがある場合、カットで解消できることもありますのでぜひ担当者に相談してみましょう。カットで解消しきれない場合にはパーマで解決することも可能です。例えば、広がりやすい髪をしなやかにさせてまとまりやすくするパーマや、根元にボリュームを与えるパーマなど、スタイリングを楽にするパーマもありますので気軽に相談してみましょう。

自分の好みを上手に伝えるには?

長さやスタイリングについては口で説明できても、頭の中にある漠然とした雰囲気やイメージを伝えることは難しいですよね。そんな時は、ヘアカタログや検索した写真などを美容師へ見せてしまうのが確実です。その時には1枚だけでなく、できれば2~3枚イメージが掴める写真を用意しておくと、更に伝わりやすくなるのでおすすめです。髪の色によるイメージ効果も案外大きいので、できれば自分の髪色と似たイメージ写真を探すのがポイントです。ただ、ここでひとつ注意点があります。仕上がりの写真はどれも時間をかけてプロがきれいにスタイリングしたものです。ショートスタイル以外、ヘアアイロンの使用率は9割とみて良いでしょう。担当者から特にスタイリングについての話がない場合には、ドライヤーだけで再現が可能かどうか、アイロンでの仕上げが必要かどうかなど確認しておくと安心です。

美容室にはどんなファッションで行ったらいい?

初めて行くお店や初めての担当者の場合、普段のファッションで行くのがベストではないかと思います。というのも、あなたにマッチしたヘアスタイルを作るうえで、好みや普段のライフスタイルをイメージすることはとても重要なことだからです。もし、パーティ前やその日の気分で普段とは違うファッションで美容室に行った場合には、普段のスタイルや好みの色、よく着るファッションブランドなどを伝えたりしてイメージを共有できれば完璧です。そしてメガネも意外と重要なポイント。普段メガネをかけることが多い場合は、メガネも持参して仕上げの時にかけて最終確認をしてみると良いですよ!

感性が合う美容師がいちばん!

いかがでしたか?今回は美容師に希望のヘアスタイルのイメージや自分の好みを上手に伝える方法をご紹介しましたが、そもそもスマートにお客様の好みを汲み取り、似合うスタイルを提案するのが美容師の仕事です。すべてを説明しなくてもわかってくれるような、感性の合う美容師と出会えるのが一番ですよね。もし、担当の美容師とコミュニケーションが上手くとれない場合には、予約の際に遠慮なく前回と違う担当者にしてもらうように依頼しましょう。もしも理由を聞かれた場合、面倒であれば「いろいろな美容師に切ってもらってから担当を決めたい」でOKです!まだ自分と相性の合う美容師と出会っていない方はぜひ参考にしてみてくださいね!

プロフィール

ヘアメイクアップアーティスト・髙木大輔さん

美容師を経験後、ヘアメイクアップアーティストとして(株)資生堂入社。撮影、宣伝広報活動、ファッションショー等のアーティスト活動を経て独立されました。現在は横浜元町のヘア&メイクアップサロン『Atelier Salon DD』でトータルコーディネーションの視点に立ったオリジナルの美容メソッドをもとに、ヘアおよびメイクアップを提供。サロンワークのほかに、日本のみならず上海、香港など海外でのデモンストレーション、美容技術教育、撮影と多岐にわたり活動中です。

  • 髙木大輔さんは、パソナグループのグループ会社『プロフェリエ』に所属するプロの方です。

WeShare Beautyでは、皆さまのコメントをお待ちしております!

本ページは、MYPAGEコミュニティ『WS Beauty』の投稿記事です。『WS Beauty』上でコメントができますので、ぜひご感想や質問などをご投稿ください!質問には記事を投稿したプロの方がお答えします。

パソナが初めての方へ

パソナってどんな会社?パソナのことをまだよくご存じない方へおすすめのコンテンツです。

パソナを選んだ理由

パソナを選んだ理由

お一人おひとりの働き方に合わせて安心してご就業いただけるようサポートさせていただきます。パソナが選ばれる3つの理由をご紹介します。

お仕事を開始するまでの流れ

お仕事を開始するまでの流れ

パソナへご登録を頂き、お仕事を開始するまでの流れをご紹介しています。

福利厚生

福利厚生

業界トップレベルの充実したメニューを取り揃えています。

パソナがお届けする働く女性のメールマガジン

パソナがお届けする働く女性のメールマガジン

働く女性のための、素敵な日々を楽しむメールマガジンです。今、話題のグルメ・イベント・美容等の情報が満載です。

コミュニティ

趣味や興味を通じてつながる『コミュニティ』

共通の趣味や興味・関心を持つ方と、仕事以外でつながり合える場所『コミュニティ』。MYPAGEよりご覧いただけます。

Pure Passion Power パソナは東京2020オリンピック・パラリンピックを応援しています。