あなたのタイピングスピードはどのくらい?自分の腕を試してみましょう!

パソナ・さいたま
2019年10月15日

突然ですが、あなたのタイピングスピードはどのくらいですか?

意外と日々の業務の中では意識しないタイピングスピードですが、
入力スピードが速くなれば、事務処理スピードも速くなります!

今回は、そんなタイピングスピードについてのお話です。

一般的な事務業務で求められるタイピングとは?

タイピングは、どんな事務のお仕事でも共通して求められるスキルです。
キーボードを見ないでタイピングすること(タッチタイピングと言います)までは求められないにしても、
事務のお仕事では両手でスムーズにキーをタッチすることが必要となってきます。
また、業界やお仕事の内容によっては、スピードだけではなく正確性を求められることもあります。

具体的なスピードの目安としては、日本語入力で1分間に、かな入力を100~120文字程度を入力できると、
問題なく業務に従事することが出来るといわれています。

自分のタイピングスピードをチェックしてみよう!

1分間に120文字といっても、なかなかイメージがわかないですよね。
そこで、まずは自分のスピードをチェックしてみましょう!

測定お疲れさまでした!いかがでしたか?
こちらのテストでいうと「C-~B+」の範囲が「かな入力100~120文字」です。

レベル目安 お仕事内容例
A 以上

・事務経験が必要なお仕事
・営業事務
・データ入力がメインのお仕事 etc.

C- ~ B+

・事務未経験の方OKなお仕事
・一般事務のお仕事 etc.

※このレベルで「1分間に平仮名100~120文字」の目安となります。

※こちらはタイピングスピードのみの目安です。
※最終的にお仕事を円滑にこなすためには、他にも総合的な事務処理スキルが重要です。

タイピングを早くするには

スコアがあと一歩だった方、もっともっと早くしていきたいという方、
タイピングは必ず早くなります!
早くなるコツを2点、ご紹介します ^ ^

  • 正確なホームポジションを覚える!

キーボードには正確なポジションがあることをご存じですか?
キーボードの「J」と「F」にうっすら突起がついていると思います。
実はこれが「ホームポジション」と呼ばれる手の置き方の基準となる目印です。
この突起があれば、キーボードを見ることなく、手の置き方を修正することができますね。

このホームポジションは、これまでの先人がキーボードを作る中で決まった、
一番打ちやすくてミスの少ない配置です。
打つたびにホームに戻るようにしっかりと意識しましょう!

  • 毎日必ず、短時間でもキーボードに触る!

日々の業務の中だけでは、意識しないとなかなかレベルアップも難しいものです。
スピードを上げよう!ということであれば、必ず毎日5分でも10分でも、
どんな形でもいいので、キーボードを練習として触るようにしましょう。
毎日続けることで、自然とキーの配置やかな入力を指で覚えてくるようになります。

打つ文字を考える頭と、指が自然とリンクできるように、練習あるべし!です★

最後に…

業務処理スピードはタイピングスピードだけではありませんが、
タイピングスピードの向上は、必ず業務処理スピードにつながります。
毎日コツコツ、今日から始めて正しいタイピングをマスターしてみませんか?

パソナ・さいたまでは新規登録者も大募集!!

自分のライフスタイルに合わせて働きたい方、転職希望の方、大歓迎です☆

平日毎日「ソニックシティ」にて登録会を実施しています!
お時間は下記の通りです。

(1)9:30~(2)11:00~(3)12:30~ (4)14:00~

※ 別途Web面談も受け付けております。ご希望の方は、一度パソナさいたまへお電話ください。
パソナ・さいたま 0120-807-038