営業職派遣 スタッフ体験談

スタッフインタビュー

お仕事の現場から 1

「いろいろな業界で営業力を身につけたい」
~派遣は自分を高めていける働き方のひとつ~

スタッフ:IT関連企業 営業職 K. S さん

「いろいろな業界で営業力を身につけたかったんです」と語るK. Sさん。大学卒業後10年以上もの間、半導体関連の営業に関わってきた。営業職を選んだのは、もともと体育会系で目立つのが好きだという気質からだという。

派遣という働き方を選ばれたのはどうしてですか?

給与アップや仕事の幅を広げるために何度か転職し、それまでの営業経験を活かして、しばらくは同じ半導体を扱う職場を渡り歩きました。しかし半導体を商品として扱う営業も一通りやりきってしまったと感じて、k次のステップに向けてまったく違う業種で営業をやりたいと思い始めたんです。
現実は、正社員として異業種の営業に転職するのは年齢的に難しい状況でした。最初はパソコンスキルがないと、派遣では働けないと思っていたんですが、よくよく調べてみると、そうではないらしい。だから、思い切って派遣で働いてみようと思ったんです。

派遣で、どんなお仕事をされているのですか?

現在は住宅リフォーム会社の仲介サイトを運営するIT関連企業で、サイトの参加企業を回るコンサルティング営業に携わっています。
最先端のビジネスに触れているという実感があり、今まで以上にやりがいを感じます。また、今の会社はこのプロジェクトのために新しく立ち上がった会社で、ゼロから立ち上げていく楽しさもあります。

派遣で働いて良かったことってありますか?

今は残業が少ないため空いた時間を利用してパソコンのスキルを磨いています。また最初のうちは、初めての仕事場というのは不安でしたが、慣れてくると新しい仕事場が待ち遠しくなってきたりします。派遣の期間を満了した時には、やり遂げた、良い経験になったという実感を毎回感じることができます。それに派遣にはどんな仕事にも挑戦できるチャンスがあると思うんです。これからも自分を高めながら、新しい仕事に挑戦していきたいと思っています。

お仕事の現場から 2

議員秘書からIT営業へ。
~「どの面接に行っても畑違い」を克服!~

スタッフ:アウトシーング会社営業 O. D さん

昨年まで議員秘書をされていた O. D さんは、中途採用の一般面接では営業職としては経験不足と判断されることがしばしばだったそうです。
しかし、パソナの紹介予定派遣でアウトソーシング会社の営業職に就かれ、派遣期間中に持ち前の明るさと営業力を発揮され、予定派遣期間を大幅に縮めて正社員に。 O. D さんは、そのアウトソーシング会社で、念願の営業職正社員として活躍されています。

パソナに登録されるまでは、どんなお仕事をされていたのですか?

大学卒業後に大手電気メーカーに入社したんですが、希望だった営業職に配属されず、2年足らずで退職しました。その後は商社で買い付けから営業まで経験し、やはり営業マンとして食べていこう、と決意を固めていました。そんな時期に、衆議院秘書の仕事に誘われたのです。元来、チャレンジ精神旺盛だった私は「貴重な経験ができそう」と思い、転身を決めました。

議員秘書はどんなお仕事だったのですか?

業務は多岐に渡りました。議員の日程管理はもちろん、議員の代理として選挙区をまわり、議員本人を売り込むのも重要な仕事でした。 アポなしで上場会社の社長と直談判したり、まさに飛込みの営業マンでしたね。政治経済の仕組みを体感することもできましたし、数値が出ない仕事でしたが、自分がやっていることに自信を持っていました。

派遣という働き方を選ばれたのはどうしてですか?

秘書として納得いくまで4年間働き退職しました。そして元々やりたかった営業職を目指して再び就職活動を独力で始めたのです。実際に企業に面接に行ってみると「スキル不足に見られてしまう。実際に現場に出れば結果を残す自信があるのに、なかなか伝わらない。」これは歯がゆかったですね。
そんなとき友人から「派遣で営業職も働ける」「しかも紹介予定派遣という制度で正社員になれるチャンスもある」と聞いたのです。そこで、実際にパソナに登録してみました。その後、派遣でいくつかの短期の仕事をしているうちに、今の仕事のオファーが来たのです。

チャンスが巡って来たのですね。

夢中で働きました。新卒じゃないから仕事がガンガンくる。特に今の職場は、エンジニアの専門用語が多いのですが、用語が分からなくても、その日のうちに自分で調べて対応し、絶対、弱みを出さないように心がけました。

その結果、紹介予定派遣で正社員になられた訳ですね。

当初の契約は6ヶ月間派遣で働いた後、その働きぶりをみて正社員となるかを派遣先と相談することになっていたのですが、結局1ヶ月で正社員に採用されました。働きぶりを早く評価してもらえたので、嬉しかったです。会社の雰囲気や仕事内容も自分に合っていましたしね。ただ、決して高額ではなかった秘書時代の年収が災いし、当初会社から提示された条件は不本意なものでした。この点もパソナが相談にのってくれて納得いく条件まで持っていくことができました。

「私のように、どの採用面接に行っても畑違いに見られる転職志望者には紹介予定派遣は良いと思います。良い意味で、私たちも企業も軽い気持ちで相手の適正を見ることができる。だから入り口の敷居が低くなると思います。言ってみれば“同棲期間”かな(笑)。」 同棲期間は終わったけど、正社員になったこれからが正念場。今後も自分を高めていきますよ。

パソナが初めての方へ

パソナってどんな会社?パソナのことをまだよくご存じない方へおすすめのコンテンツです。

パソナを選んだ理由

パソナを選んだ理由

お一人おひとりの働き方に合わせて安心してご就業いただけるようサポートさせていただきます。パソナが選ばれる3つの理由をご紹介します。

お仕事を開始するまでの流れ

お仕事を開始するまでの流れ

パソナへご登録を頂き、お仕事を開始するまでの流れをご紹介しています。

福利厚生

福利厚生

業界トップレベルの充実したメニューを取り揃えています。

パソナがお届けする働く女性のメールマガジン

パソナがお届けする働く女性のメールマガジン

働く女性のための、素敵な日々を楽しむメールマガジンです。今、話題のグルメ・イベント・美容等の情報が満載です。

コミュニティ

趣味や興味を通じてつながる『コミュニティ』

共通の趣味や興味・関心を持つ方と、仕事以外でつながり合える場所『コミュニティ』。MYPAGEよりご覧いただけます。

パソナへのご登録はお済みですか?

パソナは「自分らしく」働きたいあなたを応援しています。

パソナに登録
お仕事開始までの流れはこちら
Pure Passion Power パソナは東京2020オリンピック・パラリンピックを応援しています。