ご好評につき、追加募集いたします!
【WEB】産業保健人財養成塾 2022年7月期(全4回)

[セミナー開催]


2022年6月27日

「産業保健人財養成塾」とは

産業保健師としてこれから活躍していきたい方を対象とした少人数制プログラムです。
本講座では「産業保健師として企業で働く方々の心身の健康維持・増進のために働きたい」という熱意はあるが、経験が少なく、キャリアチェンジに困っているという方を対象に、産業保健の現場で働くための心構え、基礎知識・スキル、ビジネスマナーなどをお伝えして参ります。
面談のロールプレイやメール課題など実務に即した内容をフィードバックしながら進めて参ります。

ご参加までの流れ

ご好評につき、追加募集!お申し込み期限延長いたしました
(1)6月26日(日)7月5日(火)までにお申し込み
    ↓
(2)6月30日(木)7月12日(火)までにパソナより参加可否をご連絡
    ↓
(3)7月13日(水)を目途にZoomミーティングIDをご連絡
    ↓
(4)7月20日(水)より開講

 
※当塾は多人数向けのセミナーではなく、少人数制の養成塾となっております。
 ご応募内容によってはご参加いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

お申し込みいただける方

恐縮ながら、以下のすべての条件を満たす方のみとなります。

  • 保健師資格を持っている
  • 産業保健職で働きたい熱意がある
  • 産業保健経験が1年未満である
  • 契約期間・雇用形態問わず就業可能な方
  • 以下いずれかのエリアで就業することができる

(各エリア内において広く働ける方、複数のエリアで働ける方歓迎)
 北海道札幌市・千歳市、東京都、神奈川県横浜市、愛知県名古屋市、
 大阪府・京都府・滋賀県・奈良県・兵庫県・和歌山県

 ー以下のエリアにおいては車での移動・通勤が可能な方に限りますー
 愛知県(名古屋市以外)
 山口県下関市
 福岡県北九州市、久留米市、福岡市
 

  • 双方向で講義を実施するため、常時カメラをONにし、講師から求められた場合発言ができる環境から参加できる。WiFiのある静かな環境がお勧め(感染対策上、パソナ社内での受講はできません)
  • 全4回に必ず出席し、提出期限を厳守し課題(Word1枚程度)を行うことができる
  • お申し込みまでにパソナへの本登録が済んでいる
スケジュール

第1回 2022年7月20日(水)18:30~20:00 産業保健の概要①フィジカル編
第2回 2022年7月27日(水)18:30~20:00 産業保健の概要②メンタル編、関係法令と安全配慮義務
第3回 2022年8月 3日(水)18:30~20:00 産業保健の実務
第4回 2022年8月10日(水)18:30~20:00 面談ロープレ (※)

  • ご参加者のご状況により、日時を分けて行う場合があります。
    第1回講義時にご案内いたします。
ご参加方法・費用

WEB会議システム「ZOOM」を使用いたします。
参加費は無料ですが、通信料はご参加者様のご負担となります。

お申込方法
お申込期限

ご好評につき、7月5日(火)まで延長いたします。

※お申込みフォーム送信後、後日当社からの参加可否の連絡をもって参加確定となります
※定員になり次第、募集を締め切らせていただく場合がございます。

ご参加者の声

・保健師資格を活かし、いつかは産業保健師になりたいと思っていましたが、どうしたらよいかわからずにいました。今回、産業保健の基礎知識を学べたこと、また営業の方と話す時間もあり、求人情報や応募書類について医療機関と一般企業の違いを教えていただき、大変参考になりました。
・安全配慮義務や労災など法律の難しい話も、未経験者の私にもわかりやすく説明いただきました。
・病棟看護師から産業保健師に転職された方の話も聞け、具体的なイメージを持つことができて良かったです。
・講義だけでなく、実際にウェブ面談のロールプレイをやらせていただき、自分がどのように見られているか、どの点が良かったのかなどフィードバックをいただけてとても良い機会になりました。
・就職の相談にも乗っていただき、パソナを通じて、夢である産業保健師として就業が決定しました。ありがとうございました!

ご参加者の就業先例

大手メーカー 総務部勤務(派遣)

保健指導や長時間労働者対応などの保健師業務に加え、総務課の一員としての対応も。
社内を定期的に回ることで、会社の仕組みや社内の様子、部署ごとの特性などが把握できるので、そういった情報を活かし、保健師として相談者に寄り添った対応を心がけているとのことです。

大手メーカー 支社健康管理室勤務(紹介予定派遣)

支社での健康管理室の立ち上げ。本社の先輩保健師さんとの連携のもと、仕組みづくりや器材等を整備。
養成塾で学んだことをベースに、どのような在り方がいいのかを考え、業務を推進されています。
 
 
その他、学校保健(大学)や行政保健で、まずは保健師としての経験を積む方も。
養成塾で学んだことを活かし、ご活躍されています。

お問い合わせ

株式会社パソナ
メディカル健康経営本部

healthcarestaff@pasona.co.jp