【クライアント様向け】
~ WIIP ~ Work Innovation to Intellectual Power
知的生産性向上と働き方改革

[セミナー開催]
2017年6月27日

働き方改革への取組みとして「長時間労働削減」、「在宅勤務」、「ダイバーシティ」など様々なテーマを検討し模索されていると思います。一方で取り組むことが目的化してしまっていないでしょうか?

我々が提唱する「働き方改革」の狙いは、個人の業務効率性向上を知的生産性向上へシフトさせ、企業の競争優位性を創造させることです。

VUCAと言われるこの時代に、あなたはどのように自社の競争優位性を確立しようとお考えでしょうか?

  1. 現状の延長線上で業務の「効率性(=業務効率性)」を向上させること
  2. 将来から業務をデザインし「効果性(=知的生産性)と効率性」の向上を同時達成させること

もし後者に関心を寄せておられるならば、このセミナーはあなたのマネジメント活動に大いに役に立ちます。
是非、この機会にご参加下さい。

セミナー概要

開催日時

2017年7月31日(月)15:00~17:00(14:30~受付開始)

場所

パソナグループ本部ビル
東京都千代田区大手町2-6-2

定員

150名

  • 1社につき2名様まででお願いいたします。
参加費

無料

セミナー内容

15:00~15:10

オリエンテーション

15:10~16:10
第1部:基調講演 知的資本を高める働き方改革

株式会社エイチ・ピィ・ピィ・ティ
代表取締役 MBA/統計士 坂本 裕司

16:10~16:20

休憩

16:20~16:50
第2部 働き方改革ソリューションWIIPについて

株式会社パソナ
Dotank本部 東日本ソリューション事業部長 薮本 佳典

16:50~17:00

閉会の挨拶(アンケート記入)

17:00~17:30

ネットワーキング
(個別に情報交換、ご質問等を受付いたします)

  • フリー参加

講師のご紹介

坂本裕司(サカモトユウジ)氏

株式会社エイチ・ピィ・ピィ・ティ
代表取締役 MBA/統計士

著書・記事・論文に、「考える営業」、「戦略的営業利益率向上マネジメント」、「ホワイトカラーの生産性を飛躍的に高めるマネジメント」(以上、産能大学出版部)、「知識社会における企業タレントの生産性向上」(週刊東洋経済)、「年収1500万の“時間の使い方”新法則30」、「稼ぐ人と並の人、24時聞の使い方、ここが違う」(プレジデント社)、「創造型組織へ~これからの生産性とは~」(㈳日本能率協会)、「ホワイトカラーの生産性向上に伴う新たな要員計画の作り方」(労政時報)、他多数。

薮本佳典(ヤブモトヨシノリ)

株式会社パソナ
Dotank本部 東日本ソリューション事業部長

「人を活かす」人材サービス会社としての強みを活かしつつ、BPO導入、業務シェアード化、最適人員配置支援、RPA導入・IT ツールの導入などコンサルティング サービスを行い、導入から運用までを多数提供。

このセミナーについてのお問合せ

株式会社パソナ ドゥタンク本部
セミナー事務局

03-6734-1141
(平日:午前9時~午後5時30分)

上記以外の時間に承りましたご連絡に関しましては、
パソナからのご返信が翌営業日となります。

パソナが初めての方へ

パソナってどんな会社?パソナのことをまだよくご存じない方へおすすめのコンテンツです。

パソナを選んだ理由

パソナを選んだ理由

お一人おひとりの働き方に合わせて安心してご就業いただけるようサポートさせていただきます。パソナが選ばれる3つの理由をご紹介します。

お仕事を開始するまでの流れ

お仕事を開始するまでの流れ

パソナへご登録を頂き、お仕事を開始するまでの流れをご紹介しています。

福利厚生

福利厚生

業界トップレベルの充実したメニューを取り揃えています。

パソナがお届けする働く女性のメールマガジン

パソナがお届けする働く女性のメールマガジン

働く女性のための、素敵な日々を楽しむメールマガジンです。今、話題のグルメ・イベント・美容等の情報が満載です。

PASONA 40th  Anniversary

PASONA 40th Anniversary

2016年2月16日より1年間、40周年を記念して4つのキャンペーンを実施いたしました。キャンペーン結果をご紹介しています。

コミュニティ

趣味や興味を通じてつながる『コミュニティ』

共通の趣味や興味・関心を持つ方と、仕事以外でつながり合える場所『コミュニティ』。MYPAGEよりご覧いただけます。

Pure Passion Power パソナは東京2020オリンピック・パラリンピックを応援しています。