【求職者の方へ】自分の腕を試してみましょう!あなたのタイピングスピードどのくらい?

海老名オフィス
2019年7月3日

突然ですが、あなたのタイピングスピードはどのくらいですか?

「〇年前に派遣会社の登録でチェックしたけど、今はどのくらいかな…」
「今の仕事で結構入力業務を経験したから、多分成長していると思う!」

意外と日々の業務の中では意識しないタイピングスピードですが、
入力スピードが速くなれば、事務処理スピードも速くなりますよね。

今回はそんなタイピングスピードについてのお話です。

一般的な事務業務で求められるタイピングとは?

タイピングすることは、どんな事務のお仕事で共通して求められるスキルです。
キーボードを見ないでタイピングすること(タッチタイピングと言います)までは求められないにしても、
両手でスムーズにキーをタッチすることは必要となってきます。
また、業界やお仕事の内容によっては、スピードだけではなく正確性を求められることもあります。

具体的なスピードの目安としては、日本語入力で1分間に、かな入力を100~120文字程度を入力できると、
問題なく業務に従事することが出来るといわれています。

まずは今のスピードを調べてみましょう!

「1分間に120文字」と言われてもイメージがわかない方が多いのではないでしょうか。
そこで、まずは自分のスピードをチェックしてみましょう!

測定お疲れさまでした!いかがでしたか?
ちなみに私は「レベルA+」(入力306文字、ミス19、正答率93%)でした!
こちらのテストでいうと「C-~B+」の範囲が「かな入力100~120文字」です。
正確性が低く、100%目指してまだまだ精進、ですね。

タイピングは絶対早くなります!

スコアがあと一歩だった方、もっともっと早くしていきたいという方、
タイピングは絶対早くなります!早くなるコツをいくつかご紹介します。

  • 正確なホームポジションを覚える!

キーボードには正確なポジションがあることはご存じですか?
キーボードの「J」と「F」にうっすら突起がついていると思います。
実はこれが「ホームポジション」と呼ばれる手の置き方の基準となる目印です。
この突起があれば、キーボードを見ることなく、手の置き方を修正することが出来ますね。

「いちいちそんなことしなくてもいいじゃん!」
…と思いがちな方が多いですが、このホームポジションはこれまでの先人がキーボードを作る中で決まった、
一番打ちやすくてミスの少ない配置です。打つたびにホームに戻るようにしっかりと意識しましょう!

  • 毎日少しでも必ず練習として触る!

日々の業務の中だけでは、意識しないとなかなかレベルアップも難しいものです。
スピードを上げよう!ということであれば、必ず毎日5分でも、テストを一回でも、
どんな形でもいいので、キーボードを練習として触るようにしましょう。
毎日続けることで、自然とキーの配置やかな入力を指で覚えてくるようになります。

打つ文字を考える頭と、指が自然とリンクできるように、練習あるべし!です!

最後に…

業務処理スピードはタイピングスピードだけではありませんが、
タイピングスピードの向上は、必ず業務処理スピードにつながります。
毎日コツコツ、今日から始めて正しいタイピングをマスターしてみませんか?

パソナが初めての方へ

パソナってどんな会社?パソナのことをまだよくご存じない方へおすすめのコンテンツです。

パソナを選んだ理由

パソナを選んだ理由

お一人おひとりの働き方に合わせて安心してご就業いただけるようサポートさせていただきます。パソナが選ばれる3つの理由をご紹介します。

お仕事を開始するまでの流れ

お仕事を開始するまでの流れ

パソナへご登録を頂き、お仕事を開始するまでの流れをご紹介しています。

福利厚生

福利厚生

業界トップレベルの充実したメニューを取り揃えています。

コミュニティ

趣味や興味を通じてつながる『コミュニティ』

共通の趣味や興味・関心を持つ方と、仕事以外でつながり合える場所『コミュニティ』。MYPAGEよりご覧いただけます。

パソナへのご登録はお済みですか?

パソナは「自分らしく」働きたいあなたを応援しています。

パソナに登録
お仕事開始までの流れはこちら