申請について

認定において1次と2次の公募がありますが、認定数の上限はありますか?
認定数の上限はありません。
カリキュラム受講生の受講料を管理事務局で一部負担してもらえるのですか?
認定創業スクールにおきましては補助金や助成金はありません。
認定スクールは平成30年12月28日までにカリキュラム終了とあるが、1ヶ月くらい過ぎても大丈夫ですか?
期限までの終了をお願いしています。
創業スクール実施期間が1月から3月の2週目となっている。公募要領では原則として12月28日までに終えることになっているが申請できますか?
公募要領の「4.公募について」の箇所に記載されているように、申請できません。
認定創業スクールの受講生を募集するに当たり最少開講人数を設定しても良いですか?
特に制限はありません。
認定の申請検討をしたいので標準テキストダウンロードのパスワードを教えてほしい。
前年度(平成29年度)に認定を受けたスクールでないとダウンロードのパスワードをお知らせできません。
複数のコースを申請したいが、一団体で申請の3スクールそれぞれに定款の提出が必要ですか?
一団体一式の提出でかまいません。
第5回全国創業スクール選手権に応募できる受講生のビジネスプランが NPO、財団法人、社団法人など非営利団体の創業プランでも良いですか?
かまいません。

スクールの実施について

カリキュラムには標準テキストを必ず使用しなければならないでしょうか?
必ずしも使用しなくてもかまいません。
開講中の創業スクールを「認定」申請予定だが、終了時に使う「満足度調査」はどこでダウンロードできますか?
「満足度調査」のダウンロードは、認定決定後に事務局よりお知らせします。「満足度調査」は創業スクールの最終日までに実施してください。