What's new

事業概要

中小企業・小規模事業者は、地域の経済や雇用を担う重要な存在である一方、その数は年々減少傾向にあります。こうした中、平成25年6月に取りまとめられた「日本再興戦略」において、開業率が廃業率を上回る状態にし、開業率・廃業率を米国・英国レベルの10%台に向上させるという目標が掲げられました。
本事業は、全国にある創業希望者の掘り起こし等を目的とするセミナーや定期的座学研修等を実施する創業スクールの公募、認定を実施いたします。併せて、全国各地で開催される様々なビジネスプランコンテストの開催と連携し、創業者の増加と創業者の事業チャンスの拡大、創業機運の醸成を目指します。実施にあたり、認定創業スクール及び連携コンテストにご応募いただく団体を募集いたします。

認定創業スクール団体公表

平成29年度潜在的創業者掘り起こし事業(創業スクール事業)に、申請頂きました実施主体ついて、認定委員会による厳正な審査の結果、認定団体を下記の通り公表いたします。

第1次認定団体 (50団体、57スクールとなります)
第1次公募創業スクール認定団体一覧

第2次認定団体 (31団体、34スクールとなります)
第2次公募創業スクール認定団体一覧

連携コンテスト団体公表

平成29年度潜在的創業者掘り起こし事業(連携コンテスト)に、申請頂きましたビジネスプランコンテストは、審査の結果、「連携コンテスト」となりましたことを下記の通り公表いたします。

連携コンテスト連携団体一覧表

公募説明会

応募対象者

【認定創業スクール】

本事業の応募対象者は、下記要件のいずれかを満たし、かつ本事業期間終了後においても他の支援機関等と連携しながら、受講者が抱える創業に係る個別の課題解決を図る体制が整備可能である法人とする。

(1) 地域プラットフォームに登録された代表機関もしくは構成機関

(2) 産業競争力強化法に基づく認定を受けた創業支援事業者

  • 産業競争力強化法に基づき、国からの認定を受けた創業支援事業計画に従って、市区町村と連携して創業支援に取り組む法人であること。
    ※ 本事業は、特定創業支援事業に位置づけることが可能である。

(3) 上記の要件(1)、(2)と同等の支援能力を有すると認められる法人で、かつ所在する地域において他の支援機関等と連携することが可能な法人とする。

  • 他の支援機関等との連携については、公募申請書にて連携内容及び実績について詳細に記載すること。

【連携コンテスト】

「連携コンテスト」の連携基準については下記の通り。

  • コンテストの連携基準 (コンテスト実施機関との連携基準)
    すべての基準を満たすことが連携の要件とする。
    @ 平成28年12月1日から平成29年11月30日の間にファイナルイベントの開催が終了しているビジコンであること。
    A 創業前含む創業後3年未満の者をEJC(第4回全国創業スクール選手権)に推薦できるビジネスプランコンテストであること。
    B 広く応募者を募集し、少なくともビジネスプランが、15プラン程度は集まることが見込まれるビジネスプランコンテストであること。

応募手続き等

(1) 応募スケジュール
【認定創業スクール】第3次公募
公募開始日 : 平成29年7月20日(木)
締め切り日 : 平成29年8月10日(木)必着
審査結果発表日 : 平成29年8月24日(木)

【連携コンテスト】
公募開始日 : 平成29年4月25日(火)
締め切り日 : 平成29年9月29日(金)必着

(2) 提出先(問い合わせ先)等
平成29年度潜在的創業者掘り起こし事業 管理事務局 (株式会社パソナ内)
住所 : 〒100-8228 東京都千代田区大手町2-6-2
電話番号 : 03-6262-3781
受付時間 : 平日9:00〜12:00 / 13:00〜17:00

(3) 応募方法
提出書類を封筒に入れ、提出期限までに上記の提出先に郵送していただきます。

書類のダウンロード

認定創業スクール

連携コンテスト

Q&A

お問合せ先

平成29年度潜在的創業者掘り起こし事業 管理事務局 (株式会社パソナ内)

住所 : 〒100-8228 東京都千代田区大手町2-6-2

電話 : 03-6262-3781 / FAX : 03-6262-3782

  • 創業スクール