産業保健師スタッフ向け 研修レポート

[セミナー開催]
2020年6月4日

産業保健人財育成プログラム メンタルヘルス対応編

第5回 メンタル不調期休職開始時の留意点
第6回 職場復帰の3つの壁とフォローアップ

2020年2月19日(水)、産業保健人財育成プログラム メンタルヘルス対応編第5回「メンタル不調休職開始時の留意点」を開催いたしました。

これまで20年以上にわたり、企業でのメンタルヘルス支援2000事例に関わってこられた、株式会社セーフティネットの産業カウンセラーの藤掛先生から、現役産業保健・看護職の皆様からのご相談の多い、休職前後の方の対応について、実例を交えて、具体的な留意点をご伝授いただきました。

第5回では主にステップ0の警告期、疲労期にある社員をサポート・ケアから、第1ステップの休業開始および休業中のケアについて学びました。

【第5回ポイント】
  • まずは病理の理解をすること
  • 次に背景をよくきくこと、よくなりつつあるのか、悪化しているのかを確認する
  • また、休職には二段階あること:
    「動かさない時期」→「動かす時期」
    連携に関する留意点:誰が窓口になるかを決めておくこと、
    休職者からのメールが来た場合の対応など

さらに、2020年5月20日にWEBセミナーとして開催しました最終回(第6回)「職場復帰の3つの壁とフォローアップ」では、第3ステップ うつ病などの回復のプロセスから第5ステップ 復職後の職場再適応のポイントについて学びました。

【第6回ポイント】
  • 回復は波のようにグラデーションで回復していく
  • 職場復帰のタイミングを見る3つのポイント
    ・医学的に就業に耐えうる状態であること
     ⇒生活記録表・タイムラインなどを活用
      ※評価ではなく、本人が客観的に振り返るため
    ・復帰の意思があり、復職準備性が整っていること
     ⇒朝起きられるか・安全に通勤できるかなど
    ・受け入れる職場に復職を支援する準備が整っていること
     ⇒責任を分担しておくなど
  • 復職時に感じる3つの壁の理解と復職後の留意点

参加者の声(アンケートより)

  • こころのみみ以外に参考にできる資料やベテランの先生の視点をお聞きでき、実践に活かせるイメージが沸きました。
  • とても為になる講義でした。自分のできるところから日々の業務に生かしていきたいと思います。
  • 職場の復帰支援について今まで手探りの中でやっていたため、とても勉強になりました。
株式会社パソナ
メディカル健康経営本部

お問い合わせ
(平日:午前9時~午後5時30分)
上記以外の時間に承りましたご連絡に関しましては、
パソナからのご返信が翌営業日となります。

MYPAGEをお持ちの方は、MYPAGE内よりお問合せください

パソナが初めての方へ

パソナってどんな会社?パソナのことをまだよくご存じない方へおすすめのコンテンツです。

パソナを選んだ理由

パソナを選んだ理由

お一人おひとりの働き方に合わせて安心してご就業いただけるようサポートさせていただきます。パソナが選ばれる3つの理由をご紹介します。

お仕事を開始するまでの流れ

お仕事を開始するまでの流れ

パソナへご登録を頂き、お仕事を開始するまでの流れをご紹介しています。

福利厚生

福利厚生

業界トップレベルの充実したメニューを取り揃えています。

コミュニティ

趣味や興味を通じてつながる『コミュニティ』

共通の趣味や興味・関心を持つ方と、仕事以外でつながり合える場所『コミュニティ』。MYPAGEよりご覧いただけます。