かんたん仕事検索

もっと詳しく条件を指定

勤務エリア

お仕事分野

キーワード

かんたん仕事検索

大手町にて 「働き方革新 ~テレワークの活用による事業競争力向上のステップ~」11/5(木) 開催

[セミナー開催]
2015年10月20日
【クライアント様向け】大手町にて 「働き方革新 ~テレワークの活用による事業競争力向上のステップ~」11/5(木) 開催

昨今、多くの企業で女性の活躍推進や多様な働き方を実現するため、時間や場所にとらわれない働き方として、ICT(情報通信技術)を活用した「テレワーク」の導入が検討されています。テレワークは働く環境の整備、ワークライフマネジメントの向上、新たな雇用創出に止まらず、生産性・経営効率の向上、事業競争力の向上、ひいては多様な個性が輝く社会の実現に結び付く大いなる可能性を秘めた、これからの時代の働き方のひとつです。

この度、政府が推し進める11月の「テレワーク月間(※)」に合わせて、日本CHO協会と日本テレワーク協会との共催、経済産業省の後援により、テレワークの導入を通して多様な人材を活用し、事業競争力を向上されている企業事例やテレワークの活用に関するセミナーを開催いたします。テレワークを既に導入済の企業、これから検討したい企業の人事部門の皆様は勿論のこと、ダイバーシティ推進部門、情報システム部門、総務部門 等の方々にもお薦めです。ぜひご参加ください。

セミナー概要

開催地

パソナグループ本部ビル 8Fホール
(〒100-8228 東京都千代田区大手町2-6-4)

対象

多様な働き方を検討している経営者・人事・総務・情報システム部門の皆様

内容

「テレワークが社会、企業、個人にもたらす効果」
(15:05-15:20)

講師 一般社団法人 日本テレワーク協会 専務理事 中山洋之氏

活用事例紹介1
(15:20-15:45)

講師 日産自動車株式会社 ダイバーシティディベロップメントオフィス室長 小林千恵氏

活用事例紹介2
(15:45-16:10)

講師 日本マイクロソフト株式会社 執行役常務 織田浩義氏

トークセッション「事業力向上に結びつくテレワーク活用の要諦とは」
(16:10-16:55)

登壇者 日産自動車株式会社 ダイバーシティディベロップメントオフィス室長 小林千恵氏
日本マイクロソフト株式会社 執行役常務 織田浩義氏
経済産業省 商務情報政策局 サービス政策課 サービス政策専門官 大西啓仁氏
一般社団法人 日本テレワーク協会 専務理事 中山洋之氏
株式会社パソナ リンクワークスタイル推進プロジェクト マネージャー 湯田健一郎
参加費

無料

主催

日本CHO協会・一般社団法人日本テレワーク協会

後援

経済産業省

講師・登壇者のご紹介

小林 千恵氏

日産自動車株式会社 ダイバーシティディベロップメントオフィス室長

1991年日産自動車(株)に入社。海外営業部門にて、メキシコ事業、中南米地域の販売促進活動を担当。ルノーとアライアンスを締結した直後の2000年より3年間、南米本格化進出プロジェクトに携わり、共同の工場を建設し、クルマを生産・販売するまでのプロジェクトマネジメントを行う。2005年~07年、2人の子供を連れてブラジルの子会社へ出向し、事業計画・商品企画を担当。帰国し、グローバル販売部門にて輸出企画に従事した後、昨年4月より現職。

織田浩義氏

日本マイクロソフト株式会社 執行役常務

1960年兵庫県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、1984年に日本アイ・ビー・エム株式会社に入社。2000年に着任した アジア・パシフィック セールストランスフォーメーション・マネージャーを始めとし、各営業部事業部長を歴任したのち、2009年より公共事業 官公庁事業部長を務める。2011年より日本マイクロソフト株式会社に執行役 パブリックセクター担当として入社後、2014年 7 月より、現職。

中山 洋之氏

一般社団法人 日本テレワーク協会 専務理事

1980年慶応義塾大学卒業後、富士ゼロックス入社、セールスとして神戸支店勤務。1989年米国ゼロックスニューヨーク支店駐在。1994年富士ゼロックス社長秘書。2000年よりグローバルアカウント営業部長として、上海・シンガポールに駐在しアウトソーシングを主体としたグローバルビジネスを展開。
2015年6月日本テレワーク協会専務理事就任。

大西 啓仁氏

経済産業省 商務情報政策局 サービス政策課 サービス政策専門官

1985年通商産業省(現在、経済産業省)入省。生活産業局(現製造産業局)総務課、繊維製品課、化学製品課、オゾン層保護対策室等で、繊維産業、化学産業等の産業技術関連の行政や環境行政、また中小企業庁経営支援課にて中小企業支援行政などを経験。2004年から大臣官房、経済産業政策局において、子ども・子育て行政やワーク・ライフ・バランス行政等を経験し、2008年より現職。現在は、テレワーク、サービスの生産性向上、これからのひとづくり等を担当。

湯田 健一郎

株式会社パソナ リンクワークスタイル推進プロジェクト マネージャー

2001年(株)パソナ入社。組織戦略・BPO・CRMのコンサルティングに携わり、特にICTを活用した事業プロセス最適化の視点から、幅広い業界・企業を担当。株式会社パソナにて営業企画、事業開発、システム推進、Webブランディングの責任者を経て、現在、ICTを活用し、場所を問わず多様な人材の能力を活かす「リンクワークスタイル」の推進を統括。
2014年5月に設立したクラウドソーシング協会の事務局長も務める。

  • 席数に限りがあり、先着順とさせていただきます。お早めにお申込み下さい。

テレワーク月間について

11月はテレワーク月間です

テレワーク月間とは、テレワーク推進フォーラム(総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、学識者、民間事業者等による構成)の主唱により行われるテレワーク普及推進施策のひとつです。2015年は11月を象徴月間とし、テレワーク実施企業/団体/個人のみならず、関連の研究活動・啓発活動・支援活動などに係る皆様と広く手をつなぎ、働き方の多様性を広げる国民運動になることをめざします。

お問合せ

日本CHO協会 事務局

03-6225-5111
(平日:午前9時~午後5時30分)

cho@pasonacareer.biz

上記以外の時間に承りましたご連絡に関しましては、
パソナからのご返信が翌営業日となります。

パソナが初めての方へ

パソナってどんな会社?パソナのことをまだよくご存じない方へおすすめのコンテンツです。

パソナを選んだ理由

パソナを選んだ理由

お一人おひとりの働き方に合わせて安心してご就業いただけるようサポートさせていただきます。パソナが選ばれる3つの理由をご紹介します。

お仕事を開始するまでの流れ

お仕事を開始するまでの流れ

パソナへご登録を頂き、お仕事を開始するまでの流れをご紹介しています。

福利厚生

福利厚生

業界トップレベルの充実したメニューを取り揃えています。

パソナがお届けする働く女性のメールマガジン

パソナがお届けする働く女性のメールマガジン

働く女性のための、素敵な日々を楽しむメールマガジンです。今、話題のグルメ・イベント・美容等の情報が満載です。

PASONA 40th  Anniversary

PASONA 40th Anniversary

2016年2月16日より1年間、40周年を記念して4つのキャンペーンを実施いたしました。キャンペーン結果をご紹介しています。