佐藤 圭子 さん

Keiko Sato

地方創生・復興支援

活動名
仮設住宅でのワークショップ「遊牧カフェ」
活動開始時期
2011年9月

Q.「集まれ!パソナ☆キラリビト」の輝く40名に選出された、今のお気持ちをお聞かせください!

選ばれるとは思っていませんでしたので、大変驚きましたが嬉しいです。ありがとうございます。

Q.ご自身の活動内容、活動を始めたきっかけを教えてください。

資格を活かして、ボランティア活動「遊牧カフェ」に参加

趣味が高じて取得したアロマテラピーインストラクターやハーバルセラピストの資格を活かし、依頼があれば休日を利用してイベント等でアロマグッズやハーブティー作りなどのワークショップを行っていました。東日本大震災以降ボランティアの形で活かせないかと思い、友人達の主催する仮設住宅の共有スペースでお住まいの方たちと手仕事を楽しむ「遊牧カフェ」への参加を決めました。

ご高齢の方々と共に、イキイキと手しごとを楽しむ

初めはアロマクラフト講師のみの不定期の手伝いでしたが、参加される皆さんのイキイキと楽しそうな表情にやりがいを感じ、毎回メンバーに加えてもらうようになりました。絵手紙、編み物、ハーブサシェ作り、リース作り、フェルトワークなど季節に合わせたテーマをメンバーと決め、必要であれば外部講師を依頼し、材料を集め、毎月同じ仮設住宅のスペースで行います。 すっかり顔なじみになった仮設の皆さんはご高齢の方が多く、手先も器用で人生経験が豊富なので逆にこちらが教えていただいている感じです。毎回お喋りやお茶を飲みながらのんびり手しごとを楽しんでいます。

Q.今後の活動展望・夢をお聞かせください。

仮設住宅内でのボランティア活動は、お住まいの方々が無事新しい住居へ移ることができた為、今年度で終了となりました。遠方から常に活動を支援・協力してくれた方が今回の熊本の地震により被災してしまったので、メンバーと再結成しチャリティーイベントなど行いました。震災をきっかけに繋がりができた仲間を大切にし、これからも必要とあればすぐに「遊牧カフェ」で活動していきたいと思います。また、休日等を活かし、機会があればアロマやハーブのワークショップなども継続して細く長く活動していければと考えています。